ニュース&リリース

2018.10.15

機構改革(損害サービス拠点の再編)について

お客さま各位

 大同火災海上保険株式会社(社長 与儀達樹)は、損害サービス体制の更なる強化を目的として、下記のとおり、既存の損害サービス拠点を集約化・大型化するための機構改革を実施いたします。これにより、当社の損害サービス体制は添付ファイルに記載のとおり、県内全8箇所の拠点体制となります。
引き続き、「事故や災害等に遭われたお客さまに対して、安心をお届けし、信頼に応えることができる損害サービスの実現」に向けて取り組みを強化して参りますので、今後とも当社損害サービスにつきまして、ご理解・ご協力を賜りますようお願い申し上げます。 


1.本店損害サービス体制の大型化

 浦添損害サービスセンターの一部の機能(事故対応・保険金支払・相談業務等)を、当社本店(久茂地)に集約し拠点を大型化することによって、 お客さまサービスの更なる向上を図ります。
 なお、従来、浦添損害サービスセンターにおいて行っておりました「損害調査業務」につきましては、引き続き、浦添を拠点として、当社子会社である大同火災損害調査㈱の「浦添センター」にて継続してまいります。

2.当社の損害サービス体制(全体像)

  当社の損害サービス体制は添付ファイルに記載のとおりです。

3.事故受付センター

  事故受付センターの電話番号に変更はございません。

  【事故受付センター】
   (フリーダイヤル) 0120-091-161
   ※24時間・365日事故受付


以 上