ニュース&リリース

2015.07.08

【創業65周年記念事業】那覇市「交通少年団」ユニフォーム寄贈について

交通少年団ベスト寄贈式

(写真左より)
上間優社長・知念覚那覇副市長・當山達也那覇警察署長・松田安平那覇地区交通安全協会長

 大同火災海上保険株式会社(社長 上間優)は、那覇警察署が結成を推進する「交通少年団」への応援と感謝の意を込め、創業65周年記念事業の一環としてユニフォーム(団員ベスト400着・帽子400個)を寄贈いたしました。

「交通少年団」は、小学校高学年の児童を中心に結成され、地域の交通ボランティアなどの指導のもと、主に登校時における在校生の交通安全誘導活動をとおして、全校児童に交通ルールと正しい交通マナーの実践を習慣づけることで、交通事故防止の一役を担うとともに、将来にわたり交通事故防止に資することを目的に結成されております。

 現在、那覇署管内の小学校44校のうち、15校で交通少年団が結成されておりますが、今後管内全小学校で結成される予定となってます。

 寄贈式には、当社キャラクター「デイゴーマン」も駆けつけ、(身振り・手振りで)「交通少年団」にエールを送りました。

式 典:夏の交通安全県民運動開始式
日 時:2015年7月8日(水)16:00
場 所:那覇市牧志 ほしぞら公民館ホール
参加者:那覇市 知念覚副市長
    那覇警察署 當山達也署長
    那覇地区交通安全協会 松田安平会長
    大同火災海上保険株式会社 上間優社長